NPO法人設立のメリットがわかる!

サイトマップ メールでのお問合せ
NPO法人設立サポート
受付時間 平日 午前10時〜午後6時 (土日祝 定休)
電話番号 0 8 9 - 9 0 7 - 3 4 5 6
ホーム 事務所案内 料金案内 ご利用案内 お問い合せ
NPO法人設立サポート

NPO法人のメリット・デメリット

NPO法人は設立するのも大変だけど、解散するのはもっと大変


NPO法人化のメリット

1、社会的信用が高まる。
法人格を取得せず任意で活動しているNPOもありますが、法人として活動しているほうが安心感を与え、信頼感を増すことができます。
2、法人名による登記や契約ができる。
平成10年12月1日に特定非営利活動促進法が施行されるまでは、民間の非営利団体は任意団体として活動してきました。
この法律が施行されてからは、特定非営利活動法人として法人格を取得することにより、法人名で登記をしたり、契約をしたり、口座を開設したりできるようになりました。
3、事業委託や補助金を受けやすくなる(こともある)
行政からの事業の委託や補助金は、対象者を法人に限定しているところも多く、今後の事業の継続・発展を考えた場合に有効な手段になります。

NPO法人化のデメリット

1、きちんとした事務処理。経理が求められる。
会計は正規の簿記の原則に沿って処理することが求められます。
また、事業報告書・財産目録・貸借対照表などを主たる事務所に備え置かなければらず、閲覧の請求があったときは正当な理由が無い限り閲覧させなければなりません。
2、法人税がかかる。
NPO法人は税法上、「人格のない社団等」並みに課税されます。
法人税に関しては収益事業以外は原則非課税ですが、収益事業については株式会社と同じように課税されます。
ここで気をつけなければならないのは、税制上の収益事業と、特定非営利活動促進法5条に規定する収益事業とは異なるということです。つまり、特定非営利活動促進法では本来の事業である特定非営利活動であっても、税金がかかる場合があるということです。

税制上の収益事業か否かの判断は非常に難しく、専門的な知識が必要になりますので事前に専門家に相談することをお勧めします。
3、毎年、報告書等の提出を求められる。
法人になると、毎事業年度1回、事業報告書等・役員名簿等・及び定款等を所轄庁に提出しなければならず、提出された報告書等は公に公開されます。

事業区分と課税関係

 
NPO法上
特定非営利活動
その他の事業
法人税法上
収益事業以外
非課税
非課税
収益事業
課税
課税
※ 税制上の収益事業とは、法人税法施行令5条に規定されている33業種のことです。
  また、利益が全くなくても法人住民税の均等割(最低約8万円)はかかります。
※ 収益事業を行っていない法人の場合、申請して認められれば、課税免除されることもあります。

お問合せはこちらから
コンテンツ
設立サポートについて
NPOって何?
NPO法人設立のメリット
NPO法人Q&A
NPO法人Q&Aその2
NPO法人設立前のチェック事項
NPO法人と株式会社の違い
NPO法人申請の必要書類
NPO法人の運営について
指定管理者制度について
事務所概要
事務所案内
行政書士とは
料金案内
相互リンク集
事務所代表挨拶
NPO法人の設立を検討中の方、NPO法人に興味のある方、まずはお気軽にご相談ください。お問合せに費用は一切かかりません。お電話でお問合せいただくと、より細かなご相談内容にも対応できると思います。
お問い合せはこちらから

青木行政書士事務所ホームページはこちらをクリック

行政書士青木直也のブログはこちら

ページトップ
青木行政書士事務所          

NPO 法人 設立 メリット

         
Copyright(C) 2008 NPO法人設立サポート All Rights Reserved.
〒790-0941愛媛県松山市和泉南1丁目9-37